カードローン選びのポイント

カードローンでお金を借りるには、申込みをして審査を通す必要があります。審査は日数がかかる場合もあり、本当に緊急の時には融資が間に合わない可能性もあります。

 

他にもカードローンを選ぶ時には、金利や使いやすさなど、様々なポイントがあります。カードローン選びで失敗しないように、選ぶ時のポイントを押さえておきましょう。

 

金利で注目するポイント

カードローンの金利はどこも同じではありません。申込み先によって金利は変わってくるので、比較する時には注意が必要です。金利には最低金利と最高金利がありますが、最高金利に注意して比較をするとよいでしょう。

 

カードローン利用者の大半は多くても数十万円程度の借入れを必要としてカードローンの申込みをします。100万円などまとまったお金の借入れでなければ、最高金利が適用される可能性が最も高いです。最高金利が低いカードローンの方が、利用後お得になる可能性が高いです。

 

融資までの時間を比較

カードローンは申込んでから融資までの時間にも注意が必要です。カードローンを利用する人の多くが、緊急にお金を必要としています。その日の内にお金を借りられるようなスピーディな所もあれば、融資まで何日もかかる所もあります。

 

融資までの時間を比較する上で重要なポイントは3つあります。審査時間、カード発行までの時間、営業時間です。

 

審査時間は短縮化が進んでおり、最短で30分程度で終わる所が増えてきています。審査に何日もかかるようでは、迅速な融資は期待できません。実際、大手のカードローンサービスで初めての方にも人気となる札幌市で早くに借りられるプロミスでも、審査回答時間は最短で30分となっています。

 

ただ、審査結果が分かったとしても、カードの発行や融資までさらに日数がかかる場合もあります。審査が即日回答とあっても、融資までは数日かかる所もあるので注意が必要です。

 

 

最短の融資までの時間だけでなく、営業時間にも注意しましょう。

 

例えば審査が即日回答でも、午前中に申込みをするのが条件であったりする所もあります。即日融資についても、平日14時までの申込みという条件がついていれば、土日や夜間に申込んでもすぐには融資してもらえません。

 

急ぎの時には、今に申込んでいつまでに融資が見込めそうかを確認しておきましょう。

 

申込み条件も確認

カードローンによって、申込み条件にも若干の違いはあります。年収200万円以上あって、数年以上勤続しているサラリーマンであれば、基本的に申込み条件を気にする必要はありません。

 

派遣社員やフリーター、年収数十万円程度の主婦などの場合、銀行によっては申込み条件で省かれる所もあります。また、自分自身に収入のない専業主婦は、申込み先も限られてくるので注意が必要です。

 

また、申込み先や申込み金額によっては、収入証明書類が必要な場合もあるので注意しましょう。収入証明書類とは、源泉徴収票や納税証明書のような書類で、書類の提出が必要な場合、用意するのが面倒になってしまいます。

 

審査の通りやすさを比較

カードローンの審査は、どこも同じ基準で行っているわけではありません。むしろ各社独自のノウハウで審査を行っているので、A社の審査に落ちてもB社の審査には通った、というケースは珍しくはありません。

 

カードローンの審査は銀行のカードローンは厳しい傾向にあり、消費者金融は通りやすい傾向にあると言われています。また金利については低い方が、条件が良いように見えますが、その分審査が厳しくなるので注意が必要です。

 

審査に落ちるのが心配であれば、金利が高くても消費者金融を選ぶというのも1つの手です。審査は実際に受けてみるまで結果がわかりません。もしもどうしても不安であれば、簡単な数項目を入力するだけで、融資できそうかどうかを瞬時に判断できる簡易診断もあるので、利用してみると安心かもしれません。

 

審査に通過ができる見込みがあるなら金利負担が軽く、返済も進めやすい銀行カードローンが良いのは言うまでも無いので、自身の状況によってカードローンを選ぶことが大切です。低金利で借りられると評判のおまとめにも向くオリックス銀行カードローンは審査に通過ができるのであれば消費者金融よりも好条件で借りられるので、低金利で低負担で借りたい方は注目です。