自分の銀行口座で借りる

カードローンを利用する時に、新たなカードの所持が嫌だという人もいます。これ以上所持するカードを増やしてかさばるのが嫌だという人もいますし、カードローンのカードを人に見られるのを心配している人もいます。

 

カードを使って自由に借入れや返済を行えるのはカードローンのメリットですが、カードの所持を嫌がる人にとってはデメリットにも感じます。

 

カードローンの中には、普段所持している銀行のキャッシュカードに、ローン機能をセットするタイプもあります。これならカードの所持枚数は増えませんし、カードを見られて同行心配する必要もありません。普段自分が取引をしているように、普段利用しているATMで借入れや返済が行えます。

 

もしも自分が普段利用しているキャッシュカードを利用したいのであれば、その銀行のカードローンについて調べてみるとよいでしょう。

 

キャッシュカードにローン機能をセットすると、借入や返済だけでなく、引落としが足りない時の自動補填の機能がつく場合があります。例えばクレジットカードの引落としや公共料金の引落としの時に残高不足であれば、普通支払いが行われません。しかし、自動補填の機能がついていえれば、足りない分を自動で借入れして引落とししてくれます。これらの機能についても、併せて確認しておくとよいでしょう。

 

消費者金融には無い機能であり、口座を使う銀行だからこその独自のサービスであると言えます。ただ、口座にローン機能をつけると借入や返済が通帳で分かってしまうので、通帳でカードローン利用が分からないようにしたい場合には口座にローン機能をつけないか、そもそも口座自体がないノンバンクとされる消費者金融での借入れを考えてみると良いです。

 

消費者金融であればプロミス神戸市の契約機でも最短でその日のうちに契約が行え、口座開設は不要となるので内緒でのカードローン利用も行えるようになります。